エイトリンク株式会社にパララックスのサイト制作を学ぶ!SEO対策はコンテンツが大切!

エイトリンク株式会社

スポンサードリンク

こんにちは、管理人です。
今回は、同業といえば同業のエイトリンク株式会社さんを紹介します。以前からこのサイトでちょこちょこ自己紹介しておりますが、管理人の私は、アフィリエイトとHP制作をメインに仕事をしております。東海地区のIT企業のほとんどの会社に知り合いがいます。中でも名古屋に拠点を置くエイトリンク株式会社で働くデザイナーと仲が良く(元同僚です)最近個人的に興味ある「パララックス」のサイト制作について教えて貰ったのでここに載せますね。

パララックスサイトと従来のサイトとの違い

エイトリンク株式会社
海外ではもうすでに当たり前になってるパララックスのサイトですが、日本ではまだまだこれからって感じです。お客様からサイト制作依頼を頂いた場合今後「パララックスにしようか」現在検討中です。そもそもパララックス(parallax)って何なの?って感じの方もまだ多いと思いますので直訳を紹介しすると「視差」という意味です。 そして「視差」って何?って誰もが思うと思いますが、簡単に言うとズレですね。遠近感を感じるサイトのことを『パララックスサイト』と言います。

パララックスそしてレシポンシブがおすすめ

エイトリンク株式会社
なんとなく画像を見て「視差効果」ってものをかんじてくださいねwそれからサイトをクリックした瞬間、画面いっぱいにデザインが広がるのも特徴てきですね。インパクトが今までのサイトと全く違います。昔は一家に一台パソコン、これが当たり前ですが、今はスマホやiPadなどいろんなデバイスが増えてます。画面の大きさもそれぞれですね。その画面の大きさに合わせてくれるサイトを「レスポンシブデザイン」と言います。

従来のホームーページの気になる両脇余白

エイトリンク株式会社
まだまだ日本の企業や店舗の7割以上のホームページが、パソコンでサイトを見ると画面の両サイドに余白が空いています。パララックスサイトに慣れてしまうと、この余白がもの凄くダサく感じてきます。個人的には、バナーを貼ってでも余白を埋めたいです。やっぱりお客さんが自社のHPをせっかく見てくれたんだったら興味持って長く滞在して欲しいですよね。全ての企業がパララックスを採用してしまったら差別化できないですが、今であればまだ目立てますよね。

充実したコンテンツがあってこそSEO

エイトリンク株式会社
どんだけパララックスやレスポンシブで綺麗なインパクトあるサイトを作ったとしてもやっぱり見てもらえなければ集客につながりませんよね。お客さんが検索した時に、検索結果の上位にあってこそ、初めて見てもらえます。先を急いだ外部リンク対策の時代はもうかなり昔に終了、やっぱり充実したコンテンツがあってこそのSEOです。エイトリンク株式会社さんも私もお客様のサイトを制作する際には、十分な打ち合わせ時間を頂きます。しかしながら、まだまだ、商談だけ訪問し、サイト打ち合わせは電話とメールだけ、そして公開前に一応確認し、修正には別途費用かかる、みたいな企業さんも多いようです。それでは充実したコンテンツを作れるわけがありません。営業マンではなくデザイナーやディレクターも制作する企業や店舗に行って目で見て雰囲気感じてより良いサイトを作るべきですね。

まとめ

やっぱり自社のホームページは、誰からも愛されるサイトデザインがベストです。流行り廃りはあるとは思いますが、アピールしてなんぼですのでパララックスが良いと思います。私も他の企業さんから良いところを学び、より良いものをお客様に提供していきたいです。感謝も込めてエイトリンク株式会社の情報を少し載せておきますね。

会社名 エイトリンク株式会社
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-6-27 EBSビル3F
電話番号 052-950-5580

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

薬局で販売されているアンメルツはなぜヨコヨコなのか、僕はタテタテでもいいと思う。だってタテに塗ることもあるでしょう。 ヨコヨコだと横にしか塗っちゃいけないのかな?って思うこともあるから僕はアンメルツ360度!とかでも大丈夫だと思う。 そんな少し捻くれてそうな僕に、自分のお店をPRして欲しい!って思った方は気軽にメール頂ければと思います。