半袖メンズラッシュガードの人気ブランドは?アディダス・オークリーを紹介!

ラッシュガード メンズ 半袖

スポンサードリンク

ラッシュガード メンズ 半袖 アディダス


アディダスの半袖メンズラッシュガードが大人気。
胸の部分に大きくデザインされた大きなロゴがポイント。
本格的なサーフィンもできるラッシュガードなので、動き安さは十分。
体にフィットするタイプなので鍛えた筋肉をアピールできますよ。
アディダスは女性ファンも多いのでこの夏モテたい男性は必ずチェックしましょう。

ラッシュガード メンズ 半袖 オークリー


オークリーの半袖メンズラッシュガードが大人気。
見た目はシンプルなデザインで、カラーバリエーションが豊富なのが特徴。
価格相場は4,000円前後です。
長袖のラッシュガードが主流なので半袖は品薄になってます。
通販でも売れ切れ続出のオークリーの半袖メンズラッシュガード、この機会にチェックしてみてくださいね。

クイックシルバー ラッシュガード メンズ 半袖


クイックシルバーの半袖メンズラッシュガードが大人気。
余談ですが、クイックシルバー(QUIKSILVER)ブランドのロゴの起源は、親日家の創設者が葛飾北斎画『富嶽三十六景』にインスパイアされ、現在のロゴのモチーフになりました。
北斎画の迫力ある大波と、雪化粧の富士山は、サーフィンとスノーボードを愛するブランドを象徴しています。
本格的なサーフィンも出来るレベルで動きやすいラッシュガード。
もちろん、サーフィン以外のダイビングやシュノーケリングなど様々なマリンスポーツで大活躍してくれます。

ラッシュガード メンズ 半袖 5l


5lの大きいサイズの半袖メンズラッシュガードを探してる方が多いようです。
楽天などの通販で人気の商品を上に載せました。
ピッタリ・フィットを基本に作られています。
そのため一般のTシャツの同じサイズと比べて着用感は少し小さいよう(ピチピチ)に感じると思います。
しかし体に密着させることで、水の侵入を防ぎ保温性を高めてくれるのでご安心を。
ラッシュガードのサイズの選び方を紹介しますね。
海・プールなどで保温や動きやすさを重視する場合は、できるだけピッタリサイズを選びましょう。
紫外線予防で、ゆったり着たい場合は、大きめのサイズ、またはTシャツタイプ、ゆったりタイプを選びましょう。

ラッシュガード メンズ 半袖 XL


XLサイズの半袖メンズラッシュガードが大人気。
店舗より通販の方が大きいサイズの商品数が揃ってるので選ぶ際はオススメ。
ラッシュガードは、伸縮性があるのでジャストサイズを選びましょう。
体型カバーも考えるならジャストかもうワンサイズ上がオススメ。
スタイル良くかっこいい印象を与えたいのであれば、カラーは黒を選びましょう。

オニール ラッシュガード メンズ 半袖


オニールの半袖メンズラッシュガードが大人気。
その中でも特にフロントに「O’NEILL/オニール」のロゴがプリントされたシンプルなラッシュガードが大人気。
UPF50+でUVカット率95%以上で紫外線から肌を守ってくれるので機能性は十分。
海やプールでだけでなく、ジョギングやウォーキング、スポーツジムなどでも使えます。

ラッシュガード メンズ 半袖 ゆったり


ゆったり着れる半袖メンズラッシュガードが大人気。
型が気になる方や、一般的なラッシュガードのピタッと密着する感じが苦手な方が購入してます。
Tシャツ感覚で着られるラフさが魅力。
スポーティーになりすぎないので、ランニングやウォーキングなど、街中での運動にも最適です。

ラッシュガード メンズ 半袖 4l


4lサイズの半袖メンズラッシュガードを紹介。
なかなか大きいサイズ店舗購入だと見つからないことがあります。
ぴったりサイズが一番動きやすいので妥協しない方が良いですよ。

ラッシュガード メンズ 半袖 OP


大人気のオーシャンパシフィック(Ocean Pacific)の半袖メンズラッシュガード。
胸元はボーダー柄、OPのロゴがあるメンズラッシュガードがオススメです。
UVカット(UPF50+)仕様で紫外線対策もばっちり。
サーフィンはもちろん海水浴等様々なシーンで重宝するアイテムです。

ボルコム ラッシュガード メンズ 半袖


ボルコムの半袖メンズラッシュガードも大人気。
サーフィンはもちろん海水浴などの日焼け対策にもおすすめ。
ボードショーツとつなぐウェストループつきなのでサーファーさんに最適。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

薬局で販売されているアンメルツはなぜヨコヨコなのか、僕はタテタテでもいいと思う。だってタテに塗ることもあるでしょう。 ヨコヨコだと横にしか塗っちゃいけないのかな?って思うこともあるから僕はアンメルツ360度!とかでも大丈夫だと思う。 そんな少し捻くれてそうな僕に、自分のお店をPRして欲しい!って思った方は気軽にメール頂ければと思います。