最新スタッドレスタイヤ評価比較 SUV 輸入 国産 <<2017年版>>

スタッドレスタイヤ比較

スポンサードリンク

こんにちは、管理人です。
もうすぐ冬の季節がやってきます。
既に北海道の旭川では雪が降ったようですね。
この時期から準備しておきたいのが、スタッドレスタイヤ。
メーカーも商品も多いので、何を購入すれば良いか決めかねてる方も多いと思います。
そんなあなたの為に、2014年の最新スタッドレスタイヤ比較情報をお届け致します。

2014スタッドレスタイヤ比較

スタッドレスタイヤ比較
数あるスタッドレスタイヤの中で、断トツ人気NO.1メーカーはブリヂストン。
その中でも2014年も「BLIZZAK」は絶対に注目すべき商品なので迷うくらいなら決まりです。
「BLIZZAK」は装着率の高さが他よりも良く信頼できる商品です。
寒さ厳しい地域で高い評価を得てるので、安心して使うことができます。
危険な雪道でも安全に運転したいって誰もが思うニーズにしっかり合わせた人気商品と言えます。
「BLIZZAK」といっても商品の種類もたくさんあるので特徴を比較し少し紹介しますね。

ブリヂストン BLIZZAK VRX 特徴


ブリヂストン「BLIZZAK VRX」が大人気です。
従来品「BLIZZAK REVO GZ」の後継となるスタッドレスタイヤ。
「ブリザック」技術の集大成と言われ、氷上ブレーキ性能、ウェットブレーキ性能、低燃費性能が抜群。
アイス路面での効きだけではなく、ドライ路面や濡れた路面などさまざまな冬道で優れた性能を発揮してくれますよ。

ブリヂストン BLIZZAK REVO GZ 特徴


ブリヂストン「BLIZZAK REVO GZ」は、今シーズンで6シーズン目に突入。
人気商品であった「BLIZZAK REVO2」の後継になります。
氷雪での性能は当然、ドライでの性能やウェット性能も期待できます。
様々なシーンが考えられる冬道での性能で絶大なる信頼を勝ち取ってる商品です。
氷上の水の膜を取り除く除水効果が抜群です。

ブリヂストン BLIZZAK REVO GZ ハイブリッド 特徴


ハイブリッドカー向けスペックが設定されたブリヂストンの「BLIZZAK REVO GZ」。
上でも紹介した「BLIZZAK REVO GZ」は、「レボ発泡ゴムGZ」の採用により氷上の水の膜を取り除く除水効果が抜群。
氷上性能向上を強化してるのが良く分かります。
ふらつきをおさえ直進安定性を向上させる「非対称形状」などを導入。
他にも魅力があるので詳細をチェックして下さいね。

ブリヂストン BLIZZAK REVO2 特徴


北海道、北東北において、2台に1台の装着率を誇るのがブリヂストン「BLIZZAK REVO2」。
シェア50%って純粋に凄くないですか?
圧倒的な信頼性の高さを誇っているのが凄くわかるタイヤです。

スタッドレスタイヤ比較 SUV

スタッドレスタイヤ比較 SUV
SUV/4×4スタッドレスタイヤは、氷とタイヤの間に発生する水膜の除水や、氷を引っ掻くこと、雪を噛む効果の向上など全体的な底上げが見られるようです。
また雪の無いドライでの性能も進化しているようですね。
ふらつきや片減りの対策もしっかり施され、更には低燃費さえも乗用車用並みに実現されています。
そんなSUV/4×4スタッドレスタイヤの中でもやっぱり1番人気のブリヂストンを紹介します。

ブリヂストン BLIZZAK DM-V2 特徴


まずは、ブリヂストン「BLIZZAK DM-V2(ブリザック ディーエム ブイツー)」。
従来品「BLIZZAK DM-V1」の後継となるSUV/4×4専用スタッドレスタイヤ。
高度なアイス性能向上を図った大人気の商品。
タイヤがアイス路面にしっかりと密着し、氷上でのグリップ力が抜群。
この冬には欠かせない商品なのでチェックして下さいね。

ブリヂストン BLIZZAK DM-V1 特徴


続いてチェックすべきは2008年発売のブリヂストン「BLIZZAK DM-V1」。
こちらも人気のSUV/4×4専用スタッドレスタイヤ。
魅力は、アイスブレーキ性能が他に比べて抜群に高いところです。
除水効果もアップしてるので発売から期間は経ってますが相変わらず今年も人気の売れ筋商品です。
とは言え、スタッドレスタイヤを装着すれば安心というわけではないので運転には過信しないよ注意しましょう。

最新スタッドレスタイヤ比較


スタッドレスタイヤは近年基本性能の高さ、成長が著しいです。
その理由は各タイヤメーカーが、最新技術を搭載した高性能スタッドレスタイヤを投入している為。
氷雪路での安全性能は当然です。それから、ドライ路面や融雪等によるウェット路面でも走行性能の高さを誇り、あらゆる冬の路面に対処するオールラウンド性能が特徴ですね。
比較するならば一番差がつくアイス性能。

輸入スタッドレスタイヤ比較

去年と比較してみると、今年は国産よりも輸入スタッドレスタイヤが売れてます。
国産有名メーカーのスタッドレスの売れ行きは落ちています。
実際に、売れてる輸入タイヤメーカーはこちら↓
ナンカンや、クムホ、ハンコック。
特にアジアンタイヤのスタッドレスが売れています。

その魅力は、なんと言っても圧倒的な価格の安さです。国産有名メーカーとの価格差は、サイズによっては、2倍以上あります。去年までは、安位価格だからこそ「きちんと効くのか?」と不安が大きく手を出さなかった方も多かったはず。しかし、今年は、「激安の輸入スタッドレスタイヤが欲しい」と始めから決めてる方が多いようですね。なぜ、そのようなお客さんが増えたのかというと、単純。昨シーズンまでに、輸入スタッドレスを試した、友人・知人から、性能に問題がないことを聞いたから、だそうです。安心して、安いスタッドレスを履けるなら良いですよね。しかも最近は、通販で安く購入でき、取り付けまで行ってくれるショップもあります。

スポンサードリンク